Big Island Cafe

menu
blog

BLOG

2017.2.9

【お肉屋さんのとっておきステーキの食べ方】

【お肉屋さんのとっておきステーキの食べ方】

みなさんはお肉を口に
運ぶとき、どの位置でお肉を噛みますか?
 
 
いろいろな形で調理されるので、一概にここ
っていうのはないのかもしれませんが、
構造上、前歯で野菜や柔らかい物を噛み、
奥歯でお肉や固い物を噛む、すりつぶす、
といった具合ですよね?
 
お肉なんかは弾力もあり、ステーキなんかは
厚めに切ってある事が多いと思うので、必然的に
奥歯でお肉を噛み、飲み込んでいくと思います。
 
ここで、もったいない事が一つ!
 
  
甘味を感じる部分は舌の先っちょに集中しています。
 
 
せっかく美味しいお肉を仕入れても、素材を
最大限に楽しむ為に色んな調理法で出したのに、
口の中で最大限に味わう事が出来ていないまま
胃の中へ送り込まれている事を想像した事が
ありましたでしょうか?
 
 
 
本当にもったいないんです!!
  
 
  
Big Island Cafeでは国産牛であれば何でも仕入れているという
訳ではありません。
  
目利きの肉屋が吟味し、お値段以上の価値がある
肉だけを仕入れていますぅ。  
 
 
文中にもありましたが、お肉の柔らかさが
段違いです。
お店のステーキは厚さ150gに切ってだして
いますが、前歯で噛み切れます。
 
そうする事で、お肉の甘味を舌先で
感じる事が出来るので、口の中で受ける
インパクトが段違いです(^.^)/~~~
  
お客様の感想も、こんなに甘く柔らかいお肉は
初めて、連発です♪ 
 
柔らかいので、サーロインのようなサシの多い
お肉でも、すぐに飲み込めるので、甘さの余韻
だけを口の中にのこして、あっさり食べれます。
脂の融点が低いのも特徴です。
 
 

 
今日もお仕事お疲れさまでした。
ご褒美に、Big Island Cafeのとっておきステーキをどうぞ<(_ _)>
 
 
本日の営業も宜しくお願い致します!!

 

Page Top